悪い意味でヤバイ人妻と出会った!出会い系で避けたい危険な人妻たち

人妻は母性や気配り、そして熟達した性技が魅力です。若い子に飽きたなら、ちょっと味見してみたいと思うのは男なら当然です。

しかし、手放しにはおすすめできません。

なかには厄介なタイプもいます。そこで今回は出会い系にいるヤバイ人妻の特徴や見分け方について解説します。

サイトJメールワクワクメールPCMAX
画像JメールワクワクメールPCMAX
おすすめ掲示板人妻専用掲示板既婚者専用掲示板お食事でも掲示板
マッチング率69%51%44%
人妻の書き込み多い普通普通
会員数600万人650万人1600万人
無料特典1000円分無料1200円分無料1000円分無料
目次

【体験談】出会い系サービスに実在した驚異的ヤバさの人妻8選

①はち切れんばかりの悪臭デブス

太めの女性をポッチャリと言って評価する声がありますけが、赤ん坊のように手首がどこか分からないほど膨れ上がった巨漢デブだと流石にツライです。

もうすぐクリスマスという時期に出会い系で会った自称40代前半の人妻はホリエモンに可能な限り脂肪をつけたようなデブスでした。

近寄るだけで熱量を感じるような圧があり、しかも加齢臭がヒドイ。ホテルでは玉ねぎのような強烈な臭いが部屋中に広がって吐き気を覚えました。

最初は絶対無理だと思いましたが、なぜかお金をくれるというので頑張りました。

あわせて読みたい
人妻を装う援デリ業者の手口&業者の見分け方 出会い系を利用する際に気になるのが『援デリ業者』の存在ですよね。 実際に筆者も出会い系サイトを利用した際何度か業者からメッセージを貰った経験があります。 特に...

②異常な性癖のとばっちりを受けることに

お盆の季節になると多くの人妻は帰郷しますが、その日会った人妻は旦那と子供だけ帰郷させて仕事をするために残ったと言っていました。

この時点で違和感に気づいて逃げればよかったのですが当時は世間知らずで人妻の車に乗り近くで盆踊りをしている公園の駐車場に行きました。

事前にカーセックスがしたいと言われていたので、公園の駐車場の暗いところでやるのかと思っていましたが、なんと通路のすぐ隣に停めて始めると言うのです。おそらく人に見られるのが好きな性癖だったのでしょう。

③梅毒に感染させられた

人妻は20代の子に比べて性病に関する知識が豊富だから何かしらの病気に感染することは無いだろうと思っていたのにうつされました。

エッチの最中に変なニオイがしていましたが体臭なのかと思って見逃したのが悔やまれます。

梅毒に関する知識が無かったので体の異常に気づいた頃には病状がだいぶ進行していて、改善するのに3ヵ月以上かかると言われました。

感染しているのに何食わぬ顔で出会い系を使っている人妻は本当に許せません。

④息が詰まるほどのマン臭

すでに晩秋になのにワンピースと簡単なカーディガンで現れた30代半ばの人妻が信じられないほど激臭なマンコの持ち主でした。

最初に見たときは色白で美人と言えなくもないと喜んでいたのですが、並んで歩いていると何やら異臭がします。気にせずラブホに入って脱いだら事件です。

子供の頃にあったドブ川のようなニオイがします。「熱いね」と咳き込みながら言ってスグに窓を開けました。やった後は念入りに息子を洗って立ち去りました。

⑤詐欺をしかけてくる人妻

出会い系で初めて会った人妻がどうしてもバーで飲んでからにしたい言うので、おすすめされた歓楽街にあるお店に行きました。飲んでいる最中は特別変わったことはなく、30分くらい仕事の話をしましたが問題はその後でした。

店を出る際に渡された伝票に20万と書かれています。水割り2杯で20万円はどう考えたってボッタクリだとうと声を荒げたら、人妻は「もう飲んだんだから仕方ないじゃない」と私を追い込むようなことを言います。

結局、自分が飲んだ分だけ払って出てきましたが、明らかにあの人妻はバーとつるんでいました。

⑥LINEを四六時中送ってくる

遊び相手の人妻はほとんどが割り切りですから1回会ってそれきりになることが大半です。しかし、稀に勘違いする人妻と遭遇することもあります。

問題の人妻は明らかに似合わない若者向けのワンピースを着て待ち合わせ場所に立っていました。

会って早々に腕を組んできたので何か変だなとは感じましたが、その日、別れた後からLINEにメッセージが頻繁にくるようになりました。返信しないとさらに頻度を上げてくるので本当に勘弁して欲しかったです。

⑦薬にやられてそうな雰囲気の人妻

以前1度だけ、ガリガリの腕と、こけた頬をした見た目からしてかなりヤバイ人妻と出会うことがありました。

しきりに周囲を気にして「ここ虫が多いね」と、存在しない虫の話をするので怖すぎでした。

エッチの前に何か錠剤を飲んでいるので「何を飲んでいるの?」と聞いたら、疲れないようにサプリと言っていましたが絶対にヤバイ薬だったと思います。

ベッドの上の半狂乱な様子はサプリじゃ無理です。

⑧投資サロンやビジネス教材を勧めてくる

人妻にしては若い20代半ばくらいの女性と会ったときのことです。

人妻とすることなんてラブホに行ってセックスしかないのに、いきなり茶店に連れていかれて投資サロンやビジネス教材の話をされました。

希望しても入れないサロンだけど自分が口利きしてあげると言われましたが、具体的に何をするのかは一切話さないため学生を標的にした詐欺だと思い、トイレに行くふりをして逃げました。

ヤバイ人妻に見られるプロフの共通点5つ

堂々とLINE IDが載っている

今やLINE IDは個人情報のひとつです。それを公開情報としてプロフに書いているのはセキュリティ意識が無さすぎます。

相手をした男性の個人情報についても何の配慮も無くSNSなどに投稿する可能性があるので警戒すべきです。

原型も無いくらい写真を盛る

プロフ写真がカワイイと男性の食いつきが違うためSNOWなどの加工アプリを使って可能な限り盛ります。

しかし、SNOWなど定番加工アプリは見え方が似るため、いくつもプロフ写真を見れば加工されているものは判断できるようになります。比較的予防が容易なのが救いです。

ビジネス関連の話が書かれている

プロフで投資サロンや自動売買ツールを勧めている女性はビジネス目的のヤバイタイプです。

会っても商材の売り込みだけで艶っぽい話にはなりません。それでもラブホにしつこく誘うと黙って立ち去ります。相手にするだけ時間の無駄です。

アブノーマルな趣味についてアピールしている

少数ですがSMやスカトロといった異常性癖を持っている女性は存在します。

プロフで「どんな要求でもこなせるプロの方を希望します」のように書かれていたら注意してください。

何をやらされるか分かりません。

細かい待ち合わせ場所について書かれている

プロフに待ち合わせ場所が書かれている場合は業者や詐欺師(美人局)を疑ってください。待ち合わせ場所がラブホに指定されているなら援デリなど業者の可能性が高いです。

かたくなに待ち合わせ場所を変更しないようなら美人局の危険性があります。どちらも会えば金銭を請求されます。

あわせて読みたい
【出会った人妻が美人局だった】美人局の手口・特徴・対策・対処法 出会い系で遭遇する最大のリスクといえば「美人局(つつもたせ)」です。その被害額は100万円を超えるケースもあるほど。 絶対に遭いたくない美人局ですが近年手口が巧...

ヤバイ人妻に遭遇したときの対応方法

一目散に逃げる

危険な人妻に遭遇した場合に取れる最良の手段は逃げることです。

男らしく説き伏せたくなりますが、人妻が強烈なストーカーになる恐れがあるため絶対にやめましょう。

美人局の場合は男たちに囲まれます。

大事なのは即座に駆け出すことです。その場を立ち去る理由を考えているうちに逃げられなくなります。

出会い系サービスやLINEでブロックする

ヤバイ人妻はほとんど例外なく執拗です。

強引に別れても出会い系サービスやSNSを利用しているなら、しつこくメッセージで文句を言ってきます。

こちらの言い分には聞く耳を持たないため話すだけ無駄です。一刻も早くブロックしましょう。

嘘の本名や住所を伝える

人妻に偽りの情報を信じ込ませるのも時間稼ぎになるので身を守るのに有効です。

人妻が嘘情報に戸惑っている間にブロックし、出会い系の運営に連絡して適切な対処法を検討できます。

ただし知り合いの個人情報を使うのはやめましょう。その情報から発見されるリスクがあります。

まとめ:ヤバイ人妻とは必ず遭遇するため対処法が重要

出会い系で遊んでいると遅かれ早かれ必ずヤバイ人妻と出会います。

彼女たちは出会いを求めるハンターですから擬態は巧妙です。

見分ける目を養うのは大切ですが、それ以上に出会ったときの対処が重要になります。もっとも効果的な対処法は逃げることです。ためらわず使いましょう。

この記事を書いた人

いつも好奇心旺盛、楽しいことが大好きな会社経営者。現在一人暮らし中。これまでに割り切りでお付き合いをした人妻の数は50人以上。だいたい出会い系で「後腐れのない関係」を望んでいる人妻と楽しい時間を過ごしています。このブログでは私なりの出会い系での出会い方などをお伝えしていけたらと思います。

目次
閉じる