パパに「写真を送って」と言われた時の返事の仕方・断り方!写真が欲しい心理とは

パパ活 写真送って

パパ活アプリでやり取りをしている時に、パパから「写真送って」と言われたらどうすればいいのか。

反対にパパから写真を送ってもらうようにお願いしても送ってくれない場合はどうするべきなのか。

悩んでしまうパパ活女子も多いことでしょう。

ニーナ
ニーナ
ここでは、そんなパパ活における写真の送信・受信に関する問題について、知っておきたいことや対処法をお伝えしていきます。

パパから写真を求められた時の返事・断り方について

パパから写真を求められた時の返事・断り方

まずは、なぜパパが写真を送ってほしいと要求するのかという理由から見ていきましょう。

パパが写真を送ってほしがる理由とは?

パパが写真を送ってほしいという理由は2つ。

サクラや業者を心配しているから

パパ 写真送って サクラや業者じゃないか不安

パパ活アプリに登録している女の子は、すべてが本物でないケースがあります。

パパとのやり取りを引き延ばすだけ引き延ばして、実際に会うつもりはないサクラ。別の有料サイトに誘導する悪徳業者。女の子のフリをした風俗店スタッフなど。

パパは、そんなサクラや業者に騙されるかもしれない…という不安を抱えながら本物のパパ活女子を探しています。

ニセモノは多くの写真を用意していませんし、ポーズや服装を指定されれば対応できません。よって本物のパパ活女子かどうかを確認するために、パパは写真を送ってほしがるんです。

好みじゃない容姿の子と会いたくないから

パパ 写真送って 容姿を見たい

パパ活に慣れたパパは、顔合わせで現れた女の子が期待していた容姿とまったく違う…という苦い経験があるもの。

パパ活女子も中には、プロフィール写真が鬼加工で原型をとどめていなかったり、そもそも別人の写真を悪用していたりすることがあるんです。

そんなガッカリを繰り返さないために、パパは別の写真を送ってもらうことで加工しすぎじゃないか・間違いなく本人の写真か判断をしたいというわけですね。

パパに写真を送っても大丈夫なの?

パパに写真を送っても大丈夫なの?

パパに写真を送ることについては、これからご紹介するようにメリットもデメリットも考えられます。それらを加味した上で、送ってもいいと思えるパパに送りましょう。

パパに写真を送るデメリットやリスク

パパに写真を送ることで身バレや知り合いバレのリスクが大きくなる可能性は否めません。

もしかするとパパはあなたに心当たりがあり、確認のために写真を要求しているかもしれないのです。

あるいは、パパ活ではなく写真を集めることが目的で、写真さえゲットすればブロックされることも。

送った写真を悪用してあなたを騙る・どこかに転載されることだってあり得ます。

パパに写真を送るメリット

パパも安心してやり取りするために写真をほしがっていることが多いので、写真を送ることで信頼を得るための第一歩になります!

また、パパの中には複数の写真を確認して会うかどうか最終判断を下す人も。

写真を送って断られるのは残念ですが、そういうタイプの人に写真を送らず顔合わせしたところで、気に入ってもらえず帰されてしまうのがオチ。

パパ活女子側の時間や交通費を無駄にしないという意味でも、写真を送ることに意義はあるでしょう。

パパに写真を送る注意点

もしパパに裸の写真や過激なポーズをした写真を要求されても、送ることはオススメできません。

写真を送るのはあくまでも、プロフィール写真と同一人物だとパパに納得してもらうため。

注意

エッチな写真を送ればそれだけでパパを満足させてしまったり、悪用されたりする恐れがあります。けっしていい方向に働かないのです。

パパに写真を頼まれて困った時の対処法

パパに写真を頼まれて困った時の対処法

顔の一部しか見せない

パパに写真を送りたくないのであれば、譲歩案として顔の一部だけがわかる写真を送るのがオススメ。

個人は特定しにくくなりますし、悪用もされにくいです。手で隠すのもいいですが、見せたい部分以外をスタンプや文字などで隠すと、悪用されにくさもアップ!

送り合うことを条件にする

自分だけ一方的に写真を送ることが不安なら、パパからも写真を送ってもらうことを条件にするのはいかがでしょうか?

信用のために写真を要求するのなら、パパ側も送るのが筋ですもんね。

仕事上NGで写真は送れない

どうしてもパパに写真を送りたくないのなら「モデル事務所に所属していてプライベートで写真を送るのはNG」だと言い張るのも手です。

ウソをつくことになるので、それをつき通す力が必要になりますが…。それかいっそのこと「会って好みじゃなかったら帰ってくれていいよ」と言ってみるのもアリです。

女性側がパパに写真を求めたのに相手が送ってくれない時

女性側がパパに写真を求めたのに相手が送ってくれない時

次に、私たち女性側もパパの写真を確認した方がいいケースがあります。

なぜパパに写真を送ってもらう必要があるのか、それはどんな時なのかをご紹介しますね。

パパに写真を送ってもらうべきシチュエーションとは?

パパに写真を送ってもらう必要があるケースは次の2つ。

  • 相手のプロフィールが正しいか怪しい時
  • 生理的にアリかナシか判定したい時

相手のプロフィールが正しいか怪しい時

パパの中にもプロフィールをウソで固めて、写真も他人のものを使っている場合があります。社長を名乗っていて、社名で検索したら顔写真も一致。

でも会ってみたら別の人…なんてトラブルもあり得ます。プロフィール写真が本人か怪しいのなら、別の写真を送ってくれるよう頼んで確認をしたいですね。

生理的にアリかナシか判定したい時

パパ活女子の中には、たとえ太パパでも生理的に無理なパパとは絶対にパパ活したくない!という人もいることでしょう。

その場合は写真を送ってもらって、アリかナシか判定してから会う方がいいに違いありません。潔癖気味なパパ活女子も、写真を要求することで事前にパパの清潔感を確認できれば安心ですよね。

パパから写真を送るのを断られた場合は?

パパから写真を送るのを断られた場合は?

パパが写真を断った時はどうしたらいいのか。

可能であればビデオ通話を提案するか、それでもダメなら写真はあきらめましょう。

ビデオ通話を提案する

もしパパの顔をどうしても確認したくて、そのためなら自分の顔も見せて構わないのであれば、ビデオ通話を提案するのも手です。

あわよくばビデオ通話を顔合わせ扱いにして、次の約束はいきなりパパ活にするのも全然アリ!写真は抵抗があってもビデオ通話なら…とパパ側がOKしてくれる可能性もアップします。

写真はあきらめる

パパが強く拒むのであれば、あまりしつこく写真を要求しない方がいいでしょう。

パパも晒されるリスクや身バレ防止などの理由があって、顔を見せたがらないのかもしれません。

パパの見た目は顔合わせの時のお楽しみにするか、不信感からパパ活をお断りしてしまうかは、あなたの自由です。

パパ活 身バレしない方法

【パパ活女子へ】顔出しなし身バレしない方法&身バレしたときの対策

続きを見る

パパ活で写真のやり取りは自己責任で!

以上、パパから写真求められた時の返事の仕方、自分がパパに写真を求めた時に相手が送ってくれない時の対処法について解説しました。

パパ活アプリで写真を送ってほしがるパパも、理由はさまざま。

まっとうな理由がある場合も悪用する気満々な場合もあるので、応じるかどうかは慎重に判断するべきです。

そして、状況によっては女子側がパパに写真を要求することも必要。すべてはお互いが安全にパパ活をするため、自己責任でやり取りをしてくださいね。

太パパができるパパ活アプリおすすめランキングTOP15

よく読まれている記事

© 2021 パパ活TIME|女性向けパパ探しの基本マニュアル【2021】