「姉活」ってどうやるの?おすすめのアプリとやり方・相場などを解説!

「姉活」ってどうやるの?おすすめのアプリとやり方・相場などを解説!

年上の異性とデートなどのお付き合いをしてお手当をもらう「パパ活」や「ママ活」のことはよく知っている人も多いと思います。

そうした活動の中で最近注目されているのが「姉活」というもの。

初めて聞いたという方や、聞いたことはあるけど内容についてはよく知らないという人も少なくないのではないでしょうか。

この記事ではそんな「姉活」について解説します。

姉活ってどういうもの?

姉活ってどういうもの?

姉活とは、

簡単に言ってしまえばパパ活やママ活のお相手がそれぞれ「パパ」「ママ」であるのに対して、「姉」と姉弟のように接する活動のことを言います。

ママ活の年齢差が少なくなったものと捉えてもらえばよいでしょうか。

お付き合いの基本的な流れは同じで、デートなどを一緒に楽しんで、お手当をもらうという若い男性向けの活動です。

姉活とママ活は何が違う?

まず違うのが、二人の年齢差。

ママ活は一般的に女性が30代から50代、男性が大学生から20代くらいであるのに対して、姉活は女性が20代から30代、男性が大学生から20代前半くらいまでです。

まさに姉と弟のような関係でデートを楽しむのが基本です。

年齢が近いだけにそれほど明らかな上下関係にはならず、恋人同士にも近い感覚になれるのが特徴です。

また大人の関係についても、状況や互いの意思によって違いはありますが、ママ活ほど活発ではないとも言われています。

相場はママ活に比べるとやや低めで、女性はママ活が既婚女性が多いのに対して、姉活は独身の女性が多い傾向にあります。

特に女性側の属性が異なるのが大きな違いと言えるでしょうか。

姉活におけるお手当の相場はどれくらい?

条件相場
顔合わせ3,000円~5,000円
食事3,000円~5,000円
デート5,000円~15,000円
体の関係10,000円~30,000円
月極契約50,000円~100,000円

顔合わせから食事まではママ活と大きな違いはありませんが、一日デートや体の関係、月極になるとママ活に比べるてやや低めになります。

ただし二人の関係性や女性の経済状態、男性の需要によっても大きく変動するので、あくまで参考として見てください。

姉活をするメリットとは?

小遣い稼ぎになる

やはりこうした活動の一番のメリットは、ちょっとしたお小遣い稼ぎにできるという点でしょう。

相場通りでもそれなりになりますし、よりスペックの高い男子だったり、お相手の女性に気に入られるようなことがあれば上限というものは存在しません。

素敵なお姉さんとデートできる上にお小遣いも稼げるというのは、そうした付き合いがが得意な男子にとってかなり嬉しいところですよね。

街中で一緒にいても目立たない

ママ活の場合、どうしても二人の見た目の年齢が離れているので、行く場所によってはおかしな目で見られてしまうこともあります。

本当の母子であっても、あまりデートなど頻繁にするものではありませんよね。

やはり二人の関係を疑われてしまいがちです。

しかし姉活であれば二人の年齢も近く、関係性を他人から怪しまれるということもほとんどありません。

周りの目を気にせずにお付き合いすることができるのです。

話が合うことも多い

年齢が近いことによるメリットは見た目に関するものだけではありません。

二人の育ってきた時代や現在の関心事も年齢から言って近いものになりやすく、一緒にいて話題や価値観が合うことも少なくないでしょう。

ママ活であればおそらく興味も全く違うものになり、基本的には相手の話に合わせることになることを考えれば、ストレスを溜めずに楽しくデートを過ごせる可能性も高いと言えるでしょう。

姉活をするデメリットとは?

ママ活にくらべるとお手当は低めになる

先ほどの相場の説明でも少し触れましたが、姉活は基本的にはママ活に比べるとお手当は低めの傾向にあります。

これはママ活をする女性が30代から50代と、社会人としてのキャリアがあり経済的に余裕もかなりあるのに対して、姉活をする女性が20代から30代程度と、もちろん姉活をするくらいですからある程度の余裕はあるにしても、かなり裕福とまでは言えない点に主な理由があります。

そのため、行くお店やプレゼントなどもややグレードは落ちるかもしれません。

姉活をしている女性はあまり多くない

先述のような経済的な理由もあり、現在姉活を行っている女性は決して多くはありません。

パパ活と比べてもママ活の数が多くないと考えれば、姉活をする女性はかなり希少なものだと言えるでしょう。

年齢が近くカジュアルなデートをしやすいといったメリットも多いため男性側の需要も高く、理想の相手を見つけるにはかなりの競争を勝ち抜く必要があるかもしれません。

もしも姉活をしている女性を見つけたら、すぐにアプローチしてみるのも一つの方法です。

姉活の方法、出会いやすいやり方は?

姉活を始める方法は、基本的にはパパ活やママ活などと同じです。

Twitter(X)やInstagramなどのSNSで探すという方法もありますが、SNSは登録の障壁が少なく匿名性も高いので、安全を考えるならばあまりおすすめはできません。

一般的なものとしてはやはりマッチングアプリが主流で、マッチングアプリならばママ活に特化しているものなど、目的に合わせた機能が多く、安全性への配慮もされているのでおすすめです。

やり方は、

マッチングアプリでパートナーを探すのと同じで、まず姉活募集できるアプリに登録し、姉活を求めていそうな女性を検索などで絞り込み、合致する相手がいたら「いいね」などをしてアプローチ。

あとはメッセージで交流を深めながら条件について話し合っていきます。

姉活におすすめのアプリ・サイト5選を紹介!

姉活アプリおすすめ1位:ワクワクメール

ママ活アプリおすすめ1位:ワクワクメール

ワクワクメールは出会い系マッチングサービスの中でも唯一、公式にママ活や姉活を認めているのが特徴です。

もちろんそれを知って姉活のために登録をしている女性もいるのでおすすめです。

セルフィーによる本人確認も導入されているので、安全性に関しても信頼度が高いです。

ただし利用目的は広範囲にわたっているため、姉活以外の人も多いので注意しましょう。

業者を避けるには、本人確認をしているアカウントを狙うのがポイントです。

姉活アプリおすすめ2位:ハッピーメール

ハッピーメールは会員数が3,000万を超えるという日本最大規模のマッチングサービスです。

利用者が非常に多く、動きも活発なので姉活をしている女性に会える機会も多いと言えるでしょう。

姉活をしている女性を見つけるポイントは、ハッピーメールの機能の一つである掲示板を有効に利用すること。

掲示板を利用する女性は行動が活発なので、マッチングが成立するのも早い傾向にあります。

内容をチェックして自分に合いそうな相手を見つけましょう。

姉活アプリおすすめ3位:Jメール

ミントC!Jメール

Jメールは2000年からサービスが開始されている、歴史ある老舗サービスです。

危険なことも多い出会い系サービスにおいて長く運営されているということはそれだけで高い信頼性があるということもできます。

Jメールの特徴は主に西日本を得意とし、利用している女性の年齢層が低めという点。

姉活をしている女性を探すには最適で、特に西日本在住の人にとっては出会いのチャンスにも恵まれます。

30代前後、プロフィールで飲み友達を求めている女性が狙い目です。

姉活アプリおすすめ4位:イククル

ママ活イククル

1000万人を超える利用者のいる人気サービスで、ワクワクメールと同じように掲示板機能を備えているのが特徴です。

掲示板のアクティブユーザーは50万人を超えていると言われ、常に活発なやり取りが行われています。

掲示板検索で発言の内容などを絞り込めるので、年齢や条件が姉活に合い、趣味や目的なども合わせられそうならばすぐにアプローチしてみるのも良いかもしれません。

代表的なマッチングサービスの一つです。

姉活アプリおすすめ5位:YYC

yyc ママ活

会員数はおよそ1600万人。

国内最大級のマッチングサービスの一つです。

利用者の男女比率は6:4と女性の割合も高く、アクティブユーザーも多いと言われています。

ママ活の利用者に人気のサービスで、もちろん姉活にも応用ができます。

「日記」「つぶやき」といった機能が人気で、日頃からアピールしている人ほどアプローチも多くなります。

ママ活と姉活に厳密な境界はないので、年齢などで合う相手がいれば会ってみる価値も十分にあるでしょう。

姉活がうまくいくことの多い男性の特徴とは?

若くて元気のいい男子

姉活という名称からもわかるように、姉活をする女性は基本的に自分よりも年下の若い男子を求めています。

若い男子の特徴であり、求められているものと言えばやはり、若さゆえの元気さや明るさではないでしょうか。

一緒にいるだけで元気をもらえて、明るくなれるような男子と付き合いたくて姉活をしているという女性は少なくありません。

そうした期待に十分応えられる男子が、姉活を成功させやすいタイプの一つだと言えるでしょう。

ビジュアルが良い

男女ともに、付き合うならばビジュアルが良いに越したことはないというのは誰にでも共通することでしょう。

姉活をする女性は癒しを求めていることも少なくありませんが、そこにビジュアルが足されても何の問題もないというのも現実です。

むしろ性格などよりまずビジュアル、ただ美しい男子や好みのタイプをそばに置いておきたいという目的で姉活をする人もいます。

そうした期待に応え、常にビジュアルを磨いている男子は成功しやすいです。

一緒にいて楽しい

コミュニケーション能力に長けた男性も姉活においては成功しやすいタイプでしょう。

ビジュアルももちろんですが、やはり一緒にいて楽しいということを求める姉活女性は少なくありません。

通常の男女の付き合いでも、それほど容姿に優れているわけではないのにモテる男性っていますよね。

そうした男性は大抵はコミュニケーション能力が高く、また会ってみたいと相手に思わせることのできる男性です。

会話だけでなく、さりげない行動も重要です。

将来の夢や目標にしているものがある

パパ活やママ活と同様に、姉活をする女性の中にも純粋に頑張っている若い子を応援したいという気持ちを持つタイプがいます。

いわゆるパトロンのように音楽活動や芸術活動など、現在は経済的には恵まれていないけれども、目標を持って夢に向かっている人は、思わず応援したくなったりしますよね。

姉活をする女性にもそうした男子の支援者になりたい、支えて夢を叶えてあげたいという人がいるのです。

真剣に具体的な目標を持っている男子ほど、成功しやすいと言えるでしょう。

姉活する際に気を付けておきたいこと

姉活詐欺に遭わないようにする

SNSなどに比べれば、大手のセキュリティに力を入れているマッチングサービスは安全なほうだと言えますが、それでも危険を完全に排除できているわけではありません。

業者やサクラ、詐欺などの犯罪を目論んでいるものも少なからず存在しています。

特に相場よりもかなり高い案件や、プロフィールが怪しい相手は仮に好条件で会えそうだとしても十分に気をつける必要があります。

悪質な存在が常に隙を狙っているという点に注意しましょう。

アプリからBANされてしまわないように気をつける

先ほど紹介したワクワクメールのように、ママ活や姉活について公認しているサービスもごく一部には存在しますが、基本的にこうした活動は公には認められていないものがほとんどです。

一部で専用と言われているようなアプリでも明言はしておらず、黙認状態であるという認識は忘れないようにしておきましょう。

金銭の取り引きや、あからさまに体の関係を示唆する行動、また他の利用者への迷惑行為などもアプリからBANされてしまう可能性があるので、行動には注意が必要です。

まとめ

年齢の近い年上女性とデートなどのお付き合いをしてお手当をもらう「姉活」。

基本的な構造はママ活と変わりありませんが、二人の年齢差が少ないことや、女性側の属性によって異なる部分も多くあります。

デメリットを許容でき、かつメリットのほうを取りたいと感じた男子は、ぜひここで紹介したアプリで姉活にチャレンジしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
蒼太

蒼太

ママ活しています。ママ活に関する役立つ情報を共有します|仕事:フリーランスでウェブディレクター・プログラマー|Web歴11年 | 趣味:Web制作、占い、お洒落なカフェ巡り|ママさんと上手に交流に役立てれば嬉しいです。

\ 姉活希望の女性が多い /
一緒にご飯掲示板で即アポ
初回登録で1200円分のポイントプレゼント