ママ活したい男子向け!ママ活のやり方&注意点

女性はパパ活で簡単にお金が稼げてうらやましい…と思っていたら、どうやら男性が稼げる「ママ活」なんてものもあるらしい!?

男性でも楽して稼げる副収入が本当にあるのなら、飛びつきたくなっちゃいますよね。

ここではそんなママ活のやり方、ママ活のコツ、お小遣い稼ぎ方について深掘りし、解説していきたいと思います!

⇒ ママ活している女性多い出会い系1位「Jメール

⇒ 年上の女性とマッチングならココ「ワクワクメール

ママ活とは?

ママ活とは

ママ活とは年上女性が若い男性に食事や買い物などに付き合ってもらってお小遣いをあげる行為です。

ママ活を利用する人は30代~40代の経営者や仕事一筋のキャリアウーマンが多く、そんな女性たちはアプリを使って男子大学生や20代前半の若い男性を探しています。

また、ママ活入門編で「姉活」もあり、男子は弟役としてお姉さんに甘えるのが目的で、お小遣いの制度はなくデート代を払うだけのパターンもあります。

ホスト通いするよりも、若いイケメン大学生と遊ぶことのほうが癒されるといって口コミで徐々に広まりつつあります。

Jメール」を見てみる⇒

Twitter上でも「#ママ活したい」「#ママ活募集」というハッシュタグをつけて投稿し、経済的援助を呼び掛けてママ活している男性もいます。

ママたちに聞いた!ママ活でやりたいこと

「ママ活」をする場合、「やってみたい」ことは何ですか?

引用:「ママ活してみたい?」30~40代女性に調査。年下男子にして欲しいことは

楽しく会話

夫やママ友とはできない話を色々したいです。
夢や目標に向かってひたむきに努力する話をしている男子はキラキラしていて本当に魅力的です。

ママ友や夫とはどうしても生活の話ばかりになって重いので、そういう雰囲気が一切ない会話を楽しみたい。

愚痴を聞いてもらう

せっかく話を聞いてもらうなら少しだけでもいいので愚痴を聞いて欲しいですね。

旦那に話すと、ただ聞いて欲しいだけなのに、いらないアドバイスとかされることが多いので逆にストレスが溜まる。

素直に不満を聞いてくれて同意してくれる男子とママ活してみたい!

遊園地などでのデート

しばらく行ってないので遊園地のようなエンタメ施設を一緒に楽しめたらなと思います。

1人では行きにくい場所ですし、だからといって35過ぎて友人と一緒に行く気にもなれないのでエンタメに詳しい男の子にリードしてもらいながら楽しみたい。

ショッピング

素敵な男子と一緒にショッピングは女子の憧れです。
そんなにプレゼントが欲しいの?」と思うかもしれませんが、実際はイチャイチャしながら買い物がしたいだけなんです。

これ似合う?」「カワイイ!こっちもいいんじゃない?」みたいな会話をしたいんです。

カフェ・一緒にスイーツを食べる

男の子が豪快に食べているところを眺めるのが好きです。

私は小食でスグにお腹が一杯になりますけど、そんなこと気にせず「それ食べないなら貰っていい?」と食べちゃうような男子と食事がしたいです。

体の関係

アラフォーになって妙に性欲が強くて困ってます。

都合のいい話かもしれないですけど、どうせなら若い子がいいのでママ活で素敵な学生と出会いたいです。

最悪、一晩だけでの関係でもいいので後腐れ無いかたちでやってみたい。

添い寝、ハグ

女性って男性にハグとか添い寝してもらうと心が休まるんですよね。
1人で横になるだけじゃ絶対に感じられない安心感があって、定期的に味わいたくなります。
とくに仕事でつまらないミスをして自信を失っているときなんかにやってもらいたくなります。

マッサージ

この前イケメンにマッサージしてもらうお店に冗談半分で行ったらハマってしまいました。
でもプロのやり方は少し飽きたので、ママ活で会えそうな完全素人の20代前半男性にやってもらいたいと密かに思っています。

Jメール」を見てみる⇒

ママ活したい女性が増えている理由

ママ活したい女性が増えている理由

ママ活する女性は男性に癒やしを求めていたり、男の子に貢ぐのが快感という理由でママ活しています
普通の男性相手だと気を遣うことが多く一緒にいても気疲れしてしまう…。
それに対してママ活で出会う男性相手であれば、自分がお手当を渡していることから気兼ねなく遊ぶことができるのです。

お金だけじゃなくプレゼントなどの差し入れをしたり、夢を応援したいという感覚で援助をしてあげたり、アイドルを推す感覚で若い男性に投資したいと思う女性のママ活もあります。

なかには「長らく恋愛していないので久しぶりにデートしてみたい」「女性扱いされたい!」という気持ちからママ活をする女性も。

最近は女性も男性と対等であれ、強くあれという風潮があるので、そんな社会で気丈に戦いつつもたまには女性として扱ってほしいと願う女性が、お金を出してまで若い男性を求めるのです。

Jメール」を見てみる⇒

ママ活に向いている男性の特徴

ママ活に向いている男性の特徴

ママ活してみてらイメージと違っていた!なんてことにならないためにも、ママ活に向いて男子はどんなタイプなのかまとめみました。

年上の女性が好き

上で説明をしたような悩みを抱える女性たちは、若い男性と接する機会がない、バリバリ働いて社会的地位を築いている、大人の女性であることが多いです。

年上女性が好きな人であれば楽しく女性と過ごしてお小遣いを援助してもらえるでしょう!

女性側としても、年上好きの男性というのは貴重な存在で、非常に喜ぶというものです。

聞き上手でまっすぐな性格

ママ活をしたい女性は、若い男性に話を聞いてもらって癒やされたいのです。
話を聞くのがうまくて、なおかつけっして上から目線じゃなく、相手の言うことを素直に受け止められる。

いわゆる「年上から可愛がられやすいタイプ」が求められています。

大学生~20代前半

ママ活をする女性は、プライベートで若い男性と1対1で会うことで「非日常感」を求めています。

そのためすべてのケースではなくとも、大学生や20代前半の男性が求められる傾向が強いです。

常識やマナーがしっかりしている

ママ活をする女性は社会的地位がある場合が多く、そういったタイプは潔癖なことが多いです。
少しの非常識な言動やマナーの悪さも見過ごせません。

女性を不快にさせない程度に常識やマナーを身につけている男性が好まれるのです。

Jメール」を見てみる⇒

ママ活でもらえるお小遣いの額は?

ママ活でもらえるお小遣いの相場

ママ活のお小遣いの報酬ですが、食事や買い物などデートにかかる費用ははすべてママが支払ってくれます。
お金をもらわず、デート費用だけ負担する場合はママ活とは言わず姉活と言われています。

デート費用に加えて現金でお小遣い受け取るママ活ですが、目安としてはランチで3000円、ディナーなら5000円、1日デートなら1万円から2万円、なかには5万円以上もらう男子もいるそうです。

ママ活は体の関係はないことが前提ではありますが、実際には体の関係ありでママ活している男子もいるそうです。
その場合は手当が高くなるとのことですが、このケースはパパ活とは言わず援助交際に当たります。

ママからもらえるお小遣いの相場は次のページにてまとめています。

Jメール」を見てみる⇒

ママ活希望の女性とマッチングする方法

ママ活希望の女性とマッチングする方法

SNS(Twitterなど)でママ活…×

Twitterは誰でも気軽に登録できますし、一切利用料金がかからないのがいいですね!利用している人口が非常に多い分、声が掛かるチャンスも増えます。

その反面、なりすましや冷やかし、ママ活と見せかけて女性がお金を取ろうとするなど、リスクも大変高いのがデメリット。

アカウントの中身が業者であることも多いため、正直に言ってまったくオススメできません。

街中やバーなどでのナンパしてママを探す…△

ナンパしてママを探す

ある程度女性の容姿も選べてアプリのような面倒なやりとりもなく、話がスムーズに進むのがナンパのいいところ。
研究すればママ活をしたがるような女性が見つかるスポットは見極められますし、街を歩く限りチャンスが無限大にあるのもオイシイですよね!

ところがナンパというのは、口がうまくコミュ力が高い男性、声をかけられたらついて行きたくなるほどのイケメンでなければ、成功率はかなりしょっぱいもの。

人によってはバッチリはまるかもしれませんが、万人にオススメできる方法ではありません。

出会い系サイトやマッチングアプリでママ活…◎

出会い系サイトやマッチングアプリでママ活募集

日本の出会い系サイト・マッチングアプリは適切な届出をしてクリーンな運営がされているため、年齢確認や不正ユーザーの排除などを厳しく行っているところがほとんど。

同年代の子とも遊んで恋活もして…なんて目的を分散させず、ママ活一点特化で利用すればマッチング率はかなり高まります!

ママ活主体で利用する男性はまだまだ少なく、注目されやすいですからね。

気をつけたいのは、男性会員は有料であることが多いこと。
課金でもらえるポイントを消費してメッセージのやりとりをするため、多少の利用料金が必要なのは否めません。

それでも極端にお金がかかるわけではなく、マッチングして出会った女性とママ活をすればすぐに取り返せる程度の投資です。

ママ活専用アプリでママ活…△

最近ではママ活専門とするアプリも登場しています!SNSと違って安全性が高いですし、出会い系などとは違って最初から目的がママ活に絞られているため、話がスムーズなのと交渉がしやすいのがメリット。

ただし、男性会員全員がライバルとなると、厳しい競争を強いられてしまいます。

まだあまりママ活が浸透していないのもあって女性会員が少なく、マッチング率で言えば出会い系に劣るでしょう。

ママ活に向かないマッチングアプリに要注意!

ママ活したい!ママ活に向かないマッチングアプリに要注意!

出会い系やマッチングアプリを強く推しましたが、どのサービスでもOKというわけではないので、くれぐれも注意してください。

具体的には「恋活サイト」や「婚活アプリ」はやめておいた方がいいです。

理由は、そういったサービスを利用する女性はほとんどの場合真剣な恋愛・結婚目的で、ママ活には応じてくれないから。

もっとカジュアルな出会いを求める人の多いサービスでママ活をする方が効率的です。

Jメール」を見てみる⇒

ママ活したい女性と出会うための3大テクニック

ママ活したい女性と出会うための3大テクニック

写真は清潔感と雰囲気イケメンを重視

ママ活では清潔感と雰囲気イケメンを重視

ママ活をしたがる女性の目にとまるため、写真へのこだわりは必須!芸能人級のイケメンである必要はありませんが、女性に好まれる程度の清潔感は最低でもキープしてください。

それこそ、けっしてイケメンじゃないけれどカッコよく見える俳優の宣材写真を真似てみるのがコツ。
明るさを調整したり白いニットや伊達メガネなどファッションにこだわったり。

加工のしすぎは女性よりさらに違和感が強く出るのでほどほどに。

プロフィールで年上女性と出会いたいことをアピール

ママ活 プロフィールで年上女性と出会いたいことをアピール

女性は男性との年齢差を非常に気にしますし、年齢のせいで断られて傷つくのを恐れるため、あまりリスキーな賭けに出ようとはしません。
そのため、こちらからプロフィールで年上大歓迎であることをアピールするのが重要!

夢を追いかけている・起業を目指して勉強中など、女性が応援したくなる要素を盛り込めばもっといいですね。

メッセージで女性の求める男性像を探る

ママ活では、ある程度女性の欲する男性を演じてあげることも重要。
そのために女性がどんな男性と出会いたいのか、どんな男性とならお金を出してまで会いたいのかを入念にリサーチするのです。

求められる男性像に自分を近づけながらやりとりをし、会う方向に話を持って行くのが成功の秘訣です!

ママ活する際の3つの注意点

ママ活したい!ママ活募集する際の3つの注意点

良ママと出会うためには出会い系アプリを使うのがコスパが良いといいましたが、ママ活する際には次の3つのことに注意してください。

業者やサクラを見極める

出会い系サイト・マッチングアプリには騙してお金を使わせようとする業者やサクラがつきもの。
くれぐれもその手の偽物に引っかからないように、これらを見破る目を養ってください。

やけに容姿の整った顔の一部すら隠さないプロフィール写真の女性、LINEなどメッセージアプリではなく変なサイトに誘導しようとする女性は特に注意です!

利用するサービスの料金体系を熟知しておく

ママ活相手を一生懸命探すがあまり、ポイントを使いすぎて高額請求が来た…なんてことにならないよう、利用する出会い系サイト・マッチングアプリの料金体系やポイント制度については、よく調べておいてくださいね。

早い段階でLINE交換にもっていく

女性から信用されるため、会いたいと思ってもらうため、ある程度メッセージのやりとりは必要です。
しかしあまり引き延ばすと利用料金がかさんでしまうため、適度なところで「これ以上はLINEで話したい」と言ってみましょう。

男性会員が有料なことは女性もわかっていますし、ポイントがなくなりそう…と正直に言えば、脈のあるママ活相手候補なら応じてくれます。

安全にママ活でお小遣いを稼ぐコツ

安全にママ活したい!お小遣いを稼ぐコツ

年齢確認必須の出会い系を利用すること

年齢確認がないサイトは、誰でも簡単に登録できてしまうのでトラブルが非常に多いです。
業者やサクラの可能性も上がってしまいますし、運営自体が悪質業者だというリスクも…。

詐欺や犯罪には警戒すること

ママ活を装った美人局のトラブル、ママ活のつもりで会ったのに実際はパパ活だったり援デリだったりすることもあり得ます。
合意の上でヤッたのに、事後で無理やりされたと騒がれて示談金を支払わされることも…。

女性が既婚である場合は不倫と見なされ、旦那さんと法的な争いに発展することだって考えられます。
したがって肉体関係ありでのママ活をする場合は特に、相手選びを慎重にしましょう。

18歳未満はママ活しないこと

18歳未満がママ活をした場合、特に肉体関係ありのママ活は非常に危険!

双方が合意をしているのにもかかわらず、男性側は補導され、女性側は罪に問われる可能性があります。

「児童売春」は、男性側が18歳未満の場合でも見なされてしまうのです。
そもそも出会い系サイト・マッチングアプリは18歳未満の登録を禁じています。

ママ活のやり方とは?

①出会い系サイト・マッチングアプリに登録

真剣な恋愛ばかりじゃなく、カジュアルな出会いを求める女性の多いJメールワクワクメールといった出会い系を選びましょう。
女性の比率があまりに低いサービスも避けた方が吉。

②プロフィールを設定する

誠実さ・素直さが伝わるように、趣味や今取り組んでいることなど率直に書けば好印象!年上女性と会いたいことも、さりげなくアピールしておいてくださいね。

③サービスの機能をフル活用で相手を探す

掲示板への投稿や「いいね」など、利用する出会い系サイト・マッチングアプリの機能をうまく活用し、あまりお金をかけずに効率よく相手探しをしましょう。
気になった人にどんどんメッセージを送るのもいいですが、絨毯爆撃はお金がかさんでしまいます。

④メッセージで条件交渉をする

相手とマッチングできたら、まずはメッセージの中でコミュニケーションを取りましょう。
打ち解けてきて会う段取りを話し合う段階になったら条件交渉へ。
ゆっくり無料でやりとりできるように、この前後でLINE交換をする提案ができればいいですね。

⑤顔合わせ

会う日時を取り決めたら、当日はいよいよ顔合わせ。
相手の女性の望む男性像をさりげなく演じること、マナーをしっかり守って楽しく過ごしてもらうことを意識し、必ず次に繋げましょう。

⑥ママ活スタート

顔合わせでお互いに合意したらママ活が始まります!

全国のママ活事情

全国のママ活事情

エリア都道府県名
北海道・東北北海道 / 青森 / 秋田 / 山形 / 福島 / 宮城 / 岩手
関東群馬 / 埼玉 / 東京 / 神奈川 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 山梨
信越・北陸新潟 / 長野 / 福井 / 石川 / 富山
東海静岡 / 愛知 / 岐阜 / 三重
関西滋賀 / 奈良 / 和歌山 / 大阪 / 兵庫 / 京都
四国香川 / 徳島 / 高知 / 愛媛
中国岡山 / 広島 / 山口 / 島根 / 鳥取
九州・沖縄福岡 / 大分 / 宮崎 / 熊本 / 佐賀 / 長崎 / 鹿児島 / 沖縄

ママ活でよくある質問Q&A

ママ活でよくある質問Q&A

会ってからでもママ活をキャンセルできますか?
ママ活に応じるか断るかは本人たちの自由なので、キャンセルするのももちろんOK。ただし相手の女性を傷つけないよう、キツい言葉は使わずにやんわりと断りましょう。
退会すればプロフやメッセージは消えますか?
原則、出会い系サイトやマッチングアプリを退会すると、プロフィールやメッセージなどのデータはすべて消えてしまい復旧できません。退会はくれぐれも慎重に行い、大事なメッセージはスクショなどで保存しておきましょう。
知り合いなどにママ活がバレませんか?
出会い系サイト・マッチングアプリを使うのなら、Google検索などに引っかかる可能性は極めて低いです。しかし知り合いも同じサービスを使っていたら見られてしまうので、知り合いバレしないよう、プロフィールにフェイクを入れたり顔全体がわからない写真を選んだりしましょう。SNSに晒されてバレることもあり得るため、恨みを買う活動はくれぐれもしないように。
サイバー警察に補導されたりしませんか?
明らかに18歳未満の利用であるとわかる場合、男性も補導対象として目をつけられます。18歳未満であることを匂わせる書き込みをしたり、学生服を着た写真をアップしたりするのはくれぐれも避けてください。
外見に自信がないなら写真は載せないべきですか?
一切写真を載せない場合は女性が警戒してしまうのでせめて顔より下が映った写真を載せましょう。伊達メガネやサングラスでカモフラージュする、顔をそむけた写真で雰囲気イケメン風に仕上げるという工夫もアリです。
顔合わせの段階で肉体関係を求められたら応じていいですか?
正直に言ってリスクが高いので、あまりオススメはできません。美人局や、強姦とウソをついての脅迫・警察沙汰などのトラブルが懸念されるからです。できればよく見極めて大丈夫だと確信した相手とだけ、肉体関係を持つようにしてください。

ママ活のやり方まとめ

ママ活のやり方まとめ
以上、ママ活のやり方からママ活の相場、注意点について解説しました。

時代の変化に伴って、ママ活需要は確かに高まっています。

安全は十分に確保しつつ、そのニーズをうまく満たしてあげられれば男性もママ活でガッツリ稼ぐことが可能!利用できるサービスをフル活用し、素敵なママ活相手と出会ってくださいね。

失敗しないP活アプリならここ
パパ活に最適!ワクワクメール
地域・年齢・プロフィールで検索!パパ活で会えている人増加中