パパ活は不倫なのか?初心者注意!高額の慰謝料を請求されることもある!?

パパ活は不倫なのか?初心者注意!高額の慰謝料を請求されることもある!?

パパ活は上手くいけば大きく稼ぐことができるため、女子大生をはじめとして最近では多くの女性が力を入れています。

単純に食事やデートだけならば問題ないでしょうが、場合によっては体の関係を持つこともあります。

ここでは、パパ活と不倫の関係について記事にしました。

\人気上昇中のパパ活アプリTOP3/

アプリ特徴料金会員データ
ワクワクメールワクワクメール圧倒的会員数で
何よりも「出会える」
無料登録する
男性:ポイント制
(1pt=10円)
女性:完全無料
会員数1,100万人
男女比率 6:4
PJ(ピージェイ)PJ(ピージェイ)「会える日」から探せる
最短、当日、すぐ出会える
無料登録する
男性:月/4,500円~
女性:完全無料
非公開
ラブアンラブアン女性は動画でアピールできる
ミスマッチが少ない
無料登録する
男性:プラン制
ゴールド会員5,980円/月
女性:完全無料
会員数非公開
男女比率 3:7

パパ活も不倫に含まれる?

上述したように食事やデートだけならば大丈夫なのですが、体の関係を持ってしまえば不貞行為と見なされて不倫になってしまうのです。

犯罪ではありませんが、精神的な苦痛を相手の奥さんに与えてしまったということで法律で賠償することが決められています。

体の関係を持てばお小遣いも高くなるものですが、その一方で高額の慰謝料を請求される可能性があることも覚えておきましょう。

パパ活不倫での慰謝料の相場

では、実際に慰謝料を請求された時の相場はどれくらいなのでしょうか。

これはケースによって違いがありますのでしっかり確認しておきましょう。

まずは不倫によって離婚した場合ですが、この場合は200万円から300万円くらいです。

これが一番高額で、次は不倫で離婚はしないまでも別居してしまった場合です。

こちらは100万円から200万と決して安くはありません。

仮に離婚も別居もしなければ、50万円から100万円くらいですがお金に余裕のない女性にとってはかなりの負担になってしまうことには変わりありません。

パパ活不倫で慰謝料を払わなければいけないケース

パパ活ではすべてのケースで慰謝料を払わなければならないわけではありません。

ここでは、具体的にその内容を確認しておきましょう。

パパと肉体関係を持った

これまで何度も触れている通り、パパと肉体関係を持ってしまうと高額の慰謝料が発生します。

もちろん離婚も別居もしなければ最高でも100万円くらいですが、このケースで請求されることが非常に多いと言われています。

パパに迫られて断れずについホテルに行ってしまうような場合でも、いずれにしても奥さんに苦痛を与えてしまうため払わなければならないのです。

パパと頻繁にデートを繰り返していた

いくら肉体関係を持たなくてもパパとあまりにも繰り返しデートをしているようであれば、慰謝料を払うことになります。

これはパパと親密になりすぎていると判断されて、婚姻関係に悪影響を及ぼすと考えられるためです。

額こそそこまで大きくはないかもしれませんが、実際にこのように頻繁なデートを繰り返して慰謝料を払うことになったという事例は少なくありません。

パパ活不倫で慰謝料を払わなくていいケース

パパ活不倫をしていても慰謝料を払わなくていいケースも確かに存在します。

払うケースとの違いをしっかり確認して、後で後悔しないように気をつけましょう。

パパと肉体関係を持っていない

パパと肉体関係を持っていなければまず払う必要はありません。

そもそも不貞行為には当たらないので、奥さんが慰謝料を請求してもそれが効果を発揮する可能性は非常に低いのです。

もちろん払うケースでも紹介した通り、肉体関係を持っていなくても親密になりすぎると払うことになるので違いを把握しておきましょう。

パパが既婚者だと知らなかった

もし女性が既婚者だと知らないでパパ活不倫をしても、慰謝料を払う必要はないです。

なぜなら、パパ活アプリなどでパパと出会った場合にパパが既婚者であることを伝えずに独身と偽ってパパ活をすることがあるからです。

この場合、いくらパパ活不倫だと言われても最初から女性には故意や過失は存在していませんので過去の事例を紐解いても慰謝料を払うことはないのです。

最近ではこのように既婚者ということを隠してパパ活をするパパも多いと言われていますので、もし慰謝料が気になるようであれば突っ込んで質問をするなどして吐かせることも大切かもしれません。

パパの夫婦関係が既に破綻していた

パパがもしその時点で奥さんとの関係が破綻していて、別居しているという状況でパパ活不倫をしても慰謝料を払う必要はありません。

これでは奥さんへの精神的苦痛を与えるとは判断されないため、それに対する慰謝料というのは難しいからです。

ここで注意したいことは、パパから一言「奥さんとは仲が悪い」ということを聞くだけでは破綻しているとは見なされないためしっかりと確認しなければなりません。

パパが慰謝料を全額払った

パパ活不倫は専門的に言えば共同不法行為と見なされ、パパ活女子とパパ本人に慰謝料を請求できるようになっています。

そのため、パパが全額慰謝料を支払ってしまえばパパ活女子は追加で支払う必要はないのです。

ただ、200万円の慰謝料のうちパパが100万円しか払っていない状況ではパパ活女子に対してもう100万円請求することが可能なので注意が必要です。

パパ活不倫で慰謝料を請求された場合の対処法

もしパパ活不倫で慰謝料を実際に請求されたらどのように対処すれば良いのでしょうか。

以下で詳しく見ていきます。

パパが既婚者だと知らなかったことを証明する

パパが既婚者だと知らなければ慰謝料を払う必要はありません。

そのため、奥さんに対して既婚者だと知らなかったことを証明すれば良いのです。

その方法は決して簡単ではありませんが、常にこのことを意識しておけばひょんなことから証明できるデータを掴めることもあります。

肉体関係を持った証拠がないか確認する

奥さんに対して肉体関係を持った証拠があるのか問い詰めるのも一つの手です。

もし録音データや写真、映像やホテルの領収書などを突き付けられたら逃れるのは難しいですがそれを証明されなければ上手く逃げ切ることもできます。

慰謝料をなるべく早く払って解決する

一番手っ取り早いのは慰謝料をできるだけ早く払ってしまうことです。

これさえしてしまえば奥さんはそれ以上何も言えなくなってしまうので、お金に余裕があればこの方法で対処してしまっても良いでしょう。

弁護士に相談する

最近では弁護士に相談して減額を求める人も多くいます。

特に女子大生などあまりお金に余裕のない人が弁護士に頼ることが多く、金銭的にも精神的にも負担を減らせることでしょう。

慰謝料を請求されないために注意するポイント

慰謝料を何としても請求されたくない、そんな人のためにパパ活をする際に注意すべきポイントを解説します。

いくつかありますので、少しでも多くのポイントを頭に入れておきましょう。

初対面時に既婚者かどうか確認する

パパ活を実際にする際にやっておきたいことは、既婚者かどうかを確認することです。

そこで既婚者ですと伝えられるケースもあれば、パパが嘘をついて独身だという場合もあるでしょう。

特に若い女の子はベテランのパパにまんまと騙されて信じてしまうことも少なくないので、簡単には信じないように慎重に確認することが大切です。

既婚者の場合は肉体関係を持たない

既婚者と肉体関係を持てば不貞行為と判断され不倫となってしまいます。

そして慰謝料を請求されてしまいますので、もしパパが既婚者だと分かった場合には肉体関係を持たないようにしましょう。

この場合、お小遣いの額も少なくなってしまうでしょうが、高額の慰謝料を支払うよりも全然ましなのでお金のことはここでは忘れて危機感を持って行動することをおすすめします。

あえて既婚者かどうか確認しない

これは少しレベルの高い対処法なのですが、あえて既婚者かどうか確認しないのも対処法として挙げられます。

もし確認してしまうと、パパから「しっかりと相手には伝えた」と押し通されてパパ活女子が不利になることがあるのです。

これを踏まえた、あえて既婚者かどうか確認しなければ仮に奥さんにパパ活を知られたとしても「知らなかった」と押し通せますので慰謝料から逃れられることもあります。

パパ活に慣れているパパは自分から独身だとかなりのアピールをしてくることもありますので、女子側もある程度の対処法を身につけておく必要があるのです。

形に残らないプレゼントを選ぶ

もしパパとのショッピングでプレゼントをもらったとしても、それはできるだけ形に残らないものを選ぶようにしましょう。

形に残るものであればそれはパパ活の証拠になってしまうからです。

例えば食べ物などであれば形には残らず、奥さんが証明するのは難しくなるのでプレゼント選びも慎重に行わなければなりません。

メールやLINEの履歴を残しておく

パパ活を知られないためにはメールやLINEの履歴は削除するべきでは、と思うでしょうが実際にはそうではありません。

こういった履歴を残しておくことでもし奥さんに問い詰められた時に、既婚者だとは知らなかったと証明できるのです。

相手にのめり込まない

パパがいくら魅力的だからといってのめり込んでしまうのも非常に危険です。

それだけ親密な関係になってしまうため、奥さんに知られて慰謝料を請求される可能性が高くなってしまうのです。

パパ活をやりつつもパパとの距離は詰めすぎないように、慎重に行動するように心掛けましょう。

「大人の関係なし」に限定してパパを探す

大人の関係を持てば不倫になります。

そうならないためにも最初から大人の関係なしでパパを探す必要があるのです。

実際、パパ側もリスク管理として大人の関係なしで女性を探している場合が多いので、比較的簡単に出会えるかもしれません。

まとめ

友人がパパ活で稼いでいるからと自分もむきになって取り組むことがあるかもしれません。

しかしここで解説したように高額の慰謝料を請求されるリスクが存在しますので、パパ探しをする前にどういう場合に請求されて、またされないのかなどをしっかり確認しておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ニーナ

ニーナ

現役パパ活女子のニーナです。昼間はOLとして働きながら、週末だけパパ活しています。パパ活する前はキャバクラでキャバ嬢をしていました。 昼間の仕事をするようになってお金の大切さを学び、貯金もするようになりました。お金だけの関係ではなく人と人の付き合いを大切にしています♪

\20代・30代の女性はその日でパパ活/
ワクワクメール【公式】
P活・大人な出会いができる!男女から高く評価